2019/06 月末活動まとめブログ「砂金」革命の再分配

2019年6月のまとめブログです。

 

今月は表に出たのは、福岡天神大丸前パサージュ広場でのMELIMELOと、福岡アジア美術館での特大MJ展でした。

 

glowdefectivesoldier.hatenablog.com

glowdefectivesoldier.hatenablog.com

 

表に出て行くことが少ないので、それに危機感を覚えてtwitter経由で色々とやってみました。

 

 

 

①フォロー&固定RT

これはtwitterをフォローしてもらい、このツイートをリツイートしてくれたらフォローを返し、相手の固定ツイート(自己紹介的なものが多い)をリツイートする、というもの。とにかくふぉ路わーが増えなければ何を投稿しても意味がない。とにかく多くの人のタイムラインに自分がいなければ引っかかるものも引っかからない。

 

これのおかげでフォロワーは300人ぐらい増えた。

 

 

twitterプレゼント企画

上記の流れでライブペイントの原画とTシャツのプレゼントキャンペーンを行った。ライブペイント原画「PANDEMO-HELTH」とMahoramatic Non-fictionが各2枚ずつフォロワーの方にプレゼントされました。

 

 

 

Mahoramatic Non-fictionTシャツはBASEにて販売を開始しています。

gds.buyshop.jp

 

 

③#こんなレコード日本でも作りたいよね

このハッシュタグを作って、インスタで見つけたレコード収集家の皆さんのコレクションをすく書して毎日投稿しています。11月に行うクラウドファンディングで作りたいレコードはおおむねこんな感じです。

 

 

twitterライブ

毎日夜23時過ぎに30分から1時間の一人しゃべりを投稿しています。これは1週間分をまとめてブログにアーカイブを作っていきます。

 

glowdefectivesoldier.hatenablog.com

 

以上が今月の活動内容でした。生活費と資金源確保にUberEatsをはじめたりはありますが、何よりも今月の大きいトピックはコレでしょう。

 

 

glowdefectivesoldier.hatenablog.com

 連続リリースEP全工程が終了しました。昨日ジャケットが届きまして、Bugfarewelltic Sun-RisesのCDも完成しました。

 

 

f:id:glowdefectivesoldier:20190614145043j:plain

f:id:glowdefectivesoldier:20190614145111j:plain

Bugfarewelltic Sun-Rises

2019/07/18 Release!!!!!

Glow Defective Soldier Records 018

total time : 20:15

01.Okie

02.Isyir

03.Laur

 

glowdefectivesoldier.stores.jp

 

 

 

それでは「砂金」です。

今回は自分がこの一年でやろうとしている事は何なのか、という事を語っています。

 

 

=================================

 

 

 

革命の再分配

 

 

 

常に新しい何かを発見してはそれを実践する。自分にとって新しい何かであればそれでいい。

 


その新しい何かは世界からもぎ取った果実で、もぎ取ったそれを同じく世界に投げても世界は何も変わらない。

 


そのもぎ取った果実を食らい、生き延びて起こす行動に、世界を動かすバルスはあるのかもしれない。

 

 

 

連続リリースEPと題して5枚のEPを作る。そう決めてから、自分の大事な居場所を捨てた。このままそこにいても、誰も救う事が出来なかったから。それは紛れもない事実。ここにいてはダメなんだ。

 


それは外的・内的要因の双方から襲いかかってきた。内的要因とはこのEPの楽曲たちだ。彼等が生まれていく中で、彼等を産み出し生かす事に情熱が湧き始めた。

 


それまでは自分の真意などどこへ行ったのかもわからない状態だった。もう何もない。自分には何もない。

 


そんなところから生まれてきた。EPにはそれぞれ前向きな言葉を投影した。

 

 

f:id:glowdefectivesoldier:20190103200237j:plain
f:id:glowdefectivesoldier:20190128173304j:plain
f:id:glowdefectivesoldier:20190128173327j:plain
f:id:glowdefectivesoldier:20190419202416j:plain
f:id:glowdefectivesoldier:20190614145043j:plain


Mahoramatic Non-fiction

Dramasochistic Bon-voyage

AIDMAtic live Rain-bow

Garapagositic Lupin-key

Bugfarewelltic Sun-Rises

 


それぞれ一つ一つに言葉通りの願いを込めた。当初は一つ一つの独立した言葉だった。

 


やがてそれらの「点」は意味を共有して繋がり「線」となった。

 

 

f:id:glowdefectivesoldier:20190614145111j:plain
f:id:glowdefectivesoldier:20190103200250j:plain



それだけではなく、最後の言葉は最初の言葉へと繋がり「円」となった。

 


やがて自分を生かすための道標になった。

 

 

 

インディペンデント

 

 

 

場所ではなく関係性に焦点を置く事で、真の自由を手にする。

 


何もかもを失ってしまったはずの自分の手の中に残っていたこの火種が高らかに燃え上がる。

 


新しい世界を羨望した時期を超えて、その果実を実際に手にするところまで近寄ってみた。それを口にして、世界を見渡した。

 


味のわからない果実。毒があるかもしれない。誰も近寄ってこない。誰も知らないのだ。美味しいとわかっていないと誰も果実に手を伸ばさない。

 


ただ腹が減っていた。

 


手を伸ばす理由なんてそんなものだ。

 

 

 

この木を育てた人がいる。

 


種から芽が出て、成長するまで。

 


実がなるまで。

 


そして収穫する。どんな実がなるのかもわからずに。毒があるかもしれないのに。それでもこの木を育てた人がいる。

 


そうして生まれた新しい何かが、世界を変えるものであったとしたなら、未来を作るものならば、手を伸ばすだけだ。

 


ただ腹が減っていた。

 


未来を作る動機とはこんなにもあっけない当たり前の感情から紡がれていく。

 


ひとしきり果実の味を満喫し、満腹になったなら、次に自分がやる事はなんなのかな。

 


それは後ろで見ている人に、その果実を手渡しで渡していく事だと思う。

 

 

 

クラウドファンディングをやります。

 


CDを全国流通したい

 


レコードを作りたい

 

 

f:id:glowdefectivesoldier:20190511233518j:plain



 


これらは既にこの世にある価値観で、何も革新性がない。世界と自分とを比べたとき、自分に出来る世界への役割は「革命の再分配」なのではないか。

 

 

 

あなたとわたしの圧倒的未来のための関係性

 

 

 

f:id:glowdefectivesoldier:20190511233548j:plain

 

 

 


Velvetic vistav Relation-ship

 

 

 

 


砂金